大倉和親が生み出したものACHIEVEMENT

明治から昭和にかけて、日本はまさに激動の時代でした。開国と同時に急速な近代化を目指しましたが、諸外国との軋轢から日清・日露の戦争が勃発。さらに、関東大震災や世界恐慌などの荒波が襲いかかります。そんな時代のうねりの中、大倉和親は、数々の困難を乗り越えて、日本初の国産ディナーセットを世に送り出し、その後は高圧硝子、衛生陶器を開発するなど、日本の窯業界を常にリードしてきました。
そして、ノリタケカンパニーリミテド・日本ガイシ・TOTO・大倉陶園等、今日まで続く企業を興し、経済発展にも大きく貢献しました。100年前に生きた稀代の技術者・事業家である大倉和親。同氏の残した功績を振り返ります。

出典:株式会社ノリタケカンパニーリミテド
STORY 0

父と共に築いた
“製陶王国”の礎

大倉和親の偉業については、父・大倉孫兵衛と森村組創業者の森村市左衛門の存在なくして語ることはできません。

MORE
出典:株式会社ノリタケカンパニーリミテド
STORY 1

苦節20年―
日本初の「ディナーセット」開発

気品溢れる形状やデザインで、世界中の有名ホテルやレストランでも愛用されている『ノリタケ』の食器。

MORE
出典:日本ガイシ株式会社
STORY 2

近代日本の電化を支えた
特別高圧ガイシ

碍子(ガイシ)とは、電柱や発電所などにおいて、電線とその支持物の間を絶縁するために用いられる器具で、電気を安定して送るために欠かせないものです。

MORE
出典:株式会社ノリタケカンパニーリミテド
STORY 3

1万回以上の試作から生まれた
衛生陶器

衛生陶器とは、洗面器や便器、浴槽など、水まわりに用いられる陶器製の器具のこと。

MORE
出典:株式会社大倉陶園
STORY 4

父の意志を受け継ぎ、
最上の工芸陶器を作る

和親は生涯のなかで、白色磁器洋食器や碍子、衛生陶器などセラミックスの開発・製造を手がけてきました。

MORE